年式が古くて走行距離が長くても車は高値で売れるのか

車はどのような形になっても価値がある

日本の中古車が海外で人気の理由

中古車というのは、10年を過ぎると中古車としての価値が大幅に下がってしまいます。
何故なら、10年を超えた辺りで、走行距離10万キロメートルに達することが多い為です。この走行距離に達してしまうと、部品の交換や修理などが必要になることが非常に多くなるのです。こうしたメンテナンスや修理が必要な車は余計な費用がかかるため、中古車販売業者では買い取ってもらいにくくなります。
ただこれは、逆に言えば、10年経っている古い型式の車であっても、走行距離が短い場合は買取金額が高くなることもあるといえます。車検に出し、定期的なメンテナンスをしていれば、割合状態は良好のことがほとんどになります。古い車でも状態がよければ、新しくても状態の悪い車よりも高く買い取って貰える可能性はあるのです。さらにそれが人気の車種であれば、そういう車は価格が下がりづらい為、年数が経過しても高く買い取ってもらえることもあります。
また、日本の中古車は海外での需要も高い為、古い車を高く買い取ってもらうなら、海外への輸出を得意としている中古車専門店に買い取ってもらうという手段もあります。
海外では、日本製の車は品質が良く故障しにくい車として人気があります。日本には車検制度がある為、定期的なメンテナンスが行われています。その為、走行距離10万キロメートルを超えていても、高額買取は可能なのです。
同じ車でも、どこに買取りを依頼するかによって大幅に買取価格は変わってくるので、その辺りをきちんと見極めてお店選びをしましょう。